アイサンテクノロジー株式会社 アトムスパークへ

ヘルマート変換の計算式を教えてほしい。

標準帳票での表記と入力画面上の表記を用いて表現します。

参照点設定の各行において帳票「誤差X」欄の値を二乗した値に、入力画面「重み」値を掛けた値をKX(i)とし、同様に帳票「誤差Y」欄の値を二乗した値に、入力画面「重み」値(P(i)とする)を掛けた値をKY(i)とします。

KX(i)、KY(i)、P(i)の合計をそれぞれΣKX、ΣKY、ΣPとし、その行数をNとすると、
標準偏差 = √[( ΣKX + ΣKY ) ÷ ( N × 2 - 4 )]
X平均二乗誤差 = √[ ΣKX ÷ ΣP ÷ ( N - 1 ) ]
Y平均二乗誤差 = √[ ΣKY ÷ ΣP ÷ ( N - 1 ) ]

※ 「誤差X」及び「誤差Y」の算出も含め、全て丸めは行わず、フル桁計算となります。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk