アイサンテクノロジー株式会社 アトムスパークへ

対回観測でREC観測できない。

通信条件の確認をします。

  1.  メニューバーの[システム]-[TS通信条件]をタップします。

  2. 使用するTSの「接続機種名」をタップして選択します。
    RECモードに対応した接続機種名を選択しないとRECモードは機能しません。

    下記接続機種名は、RECモードに対応していません。[TopconAPL-1]・[Sokkia(基本)]・[Sokkia(拡張)][ZEISS(Rec-Elta)]・[Leica(WILD1)]・[Leica(WILD2)]

    注意:
    通常観測でのRECモード(ボタン)を押さないでください。

    新規に対回観測コマンドに入ります。

  メニューバーの[観測]-[対回観測(新規)]をタップします。

  1. 対回パターン(対回数・方向数・読定数・セット数)を設定し、器械点、後視点を設定して[OK]をタップします。
    視準点名・目標高・プリズム定数を設定して[OK]をタップします。

  2. 目標高、プリズム定数(下図青枠)を設定して[RECモード]ボタンをタップします。

    通信中のダイアログが表示され、RECモードになります。
    光波から観測データを送ります。


    画像つきの詳細は、 こちら を参照してください。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk