アイサンテクノロジー株式会社 アトムスパークへ

[面積計算]-[倍横距法面積計算書(補正)]ワークにある補正方法の「Aタイプ」「Bタイプ」の違いは何ですか?

倍横距補正計算の補正方法の違いです。

Aタイプが一般的な補正計算です。(公団仕様)

Bタイプは「南八王子地区 画地確定計算基準」で決められた計算方法です。

違いを簡単に説明します。
補正値は辺長に比例して配布します。
ここで辺長が等しい場合、Aタイプは行の上方を優先的補正します。
Bタイプでは補正値を辺長に比例したフル桁で計算した値と、四捨五入で丸めた値を比べて、丸めた値が切り上げされる場合のみ行の下方を優先的補正します。

従って、等しい辺長が無い区画は影響されません。
また、等しい辺長があっても一般的な面積計算丸めを使用する場合も影響が出にくいと思われます。
距離、方向角の表示桁数が少なかったり、座標丸めがフル桁の場合に違いが現れます。

画像つきの詳細は、 こちら を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk