アイサンテクノロジー株式会社 アトムスパークへ

標準帳票を編集で入った場合、例えば一棟建物高層マンション(非オンライン)を編集で開くと、所在は「HouseLocation1」となっており、「_」が配置されていません。また自由帳票のアイテムとは異なります。

自由帳票と標準帳票のアイテムはシステムで管理をしている箇所が異なるため混在して配置することができません。
自由帳票アイテムを配置する場合には、標準帳票を使用するのではなく、フレームだけを使用してブックマークをすべて自由帳票にする等の操作が必要となります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

Powered by Zendesk